自律神経のバランスを整えると免疫力が高まる?

自律神経は、私たちの体のいろんな機能を無意識のうちに調整してくれていますが、交感神経副交感神経という反対のはたらきをする2つの機能を持っています。

 

 

日中は交感神経のはらたきが活発になるので活動的に行動できます。夜になって活動を休止し、休息すると今度は副交感神経のはたらきが大きくなって体をリラックスさせます。

 

 

この自律神経のバランスを崩さない生活を心がけることで免疫力を高め、病気の予防や治療につなげることができます。

 

免疫力の主役は白血球です。その白血球は自律神経の状態によって大きく影響を受ける仕組みになっています。

 

白血球というのは複数の細胞から成り立っていて、

 

  • 顆粒球
  • リンパ球
  • 単球(マクロファージ)

 

という3種類の細胞で構成されています。

 

顆粒球は交感神経が活発にはたらくとふえて、リンパ球は副交感神経が優勢にはたらくとふえるようにバランスが調節されていてます。

 

マクロファージは自律神経の影響は受けることはなくて一定の割合が決まっています。

 

顆粒球とはどういう免疫細胞かというと、外から侵入してきた病原菌を破壊する細胞で、細菌に感染した場合は排除するために数がふえます。しかし、交感神経が過剰にはたらき過ぎると体にさまざまな変調が起こってしまいます。

 

ストレスは交感神経を緊張状態にしますので、ストレスが長く続くと健康にいろんな影響を与えます。

 

リンパ球は、ウィルスや体内で発生したガン細胞など異常細胞を破壊する免疫細胞ですが、過剰にはたらき過ぎると花粉のような無害な物質に対しても反応してしまい、アレルギー性鼻炎となるのです。

 

このように、人間の体は昼は活動し、夜は休むという自律神経のバランスがくずれないような生活を送ることで、白血球という免疫細胞が正常に機能して免疫力を高めることになります。

 

免疫力が高まると、もともと人間が持っている自然治癒力が最大に発揮されて病気の治癒に向かうというわけです。