免疫力を高めるための生活術とは?

免疫力を高める生活方法をお話する前に、免疫力を低下させてしまう生活を知って、そういう生活を送らないようにすることが免疫力を高めるために大切になります。

 

免疫力を低下させないために

 

免疫力を低下させないようにするためには、一つは自律神経のバランスが整った生活を送ることが大切です。

 

過剰なストレスを避け、無理のない生活を送るよう工夫しましょう。
ストレスに強いタイプの人は、ついついいつの間にか頑張り過ぎてしまうんですね。

 

 

交感神経が働き過ぎて偏っている状態なので、休息をとリラックスして副交感神経が働くようにして交感神経のバランスを整えましょう。

 

一方、ストレスに弱いタイプの人は、ストレスのない生活環境に慣れて、ちょっとしたことをストレスに感じてしまいます。

 

これは、副交感神経が優位になり過ぎているので、交感神経の働きが高まるように活動的な生活をして刺激を受けるようにすることです。
免疫力を低下させないためのもう一つの方法は、薬を長期間の薬飲みすぎないようにすることです。

 

 

病院の薬はほとんど交感神経を刺激する働きがあるので、長い間薬を服用していると知らないうちに自律神経の乱れが酷くなってしまいます。

 

長期に飲む薬はできる限り減らしたり、やめるようにしましょう。

 

 

免疫力を高めるおススメの方法とは?

 

1 規則正しい生活をする
人間の体は日中は活動するために交感神経が活発になり、夜は休息するために副交感神経が活発に働きます。規則正しい生活をすると交感神経のバランスが整えられて免疫力を高めることができます。

 

 

2 適度な運動をする
激しい運動をすると交感神経が活発になりますが、汗ばむくらいの適度な運動をすると交感神経のバランスを保つことができます。
ウォーキングをしたり、ラジオ体操でもいいので運動を心がけましょう。

 

 

3 体を温かくする
低体温になると免疫力が低下しますので、入浴して血行をよくしたり、温かい服装で体が冷えないよう心がけてください。